サイトマップ

新着情報

◆2015/09/08
自己負担額が一定を超えたときの支援制度を新規投稿しました。
◆2015/09/08
介護扶助における生活保護の扱いの情報を更新しました。
◆2015/09/08
魚の摂取量が増えると予防効果が高くなるの情報を更新しました。
◆2015/09/08
さっきまでの出来事が思い出せないを新規投稿しました。
◆2015/09/08
おかしいなと思ったら即検査しようの情報を更新しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

魚の摂取量が増えると予防効果が高くなる

認知症というものは「こうすれば良くなる」「こうすれば必ず防ぐことが出来る」という病気ではありません。

研究が続いている疾患の1つなんです。

とはいえ、予防医学的に考えて認知症にならないように気をつけるというのも良い心がけかと思います。

では、どのような方法があるのでしょうか。
考えて生きましょう。

先ずは食事です。

食事は日々の生活において欠かせないもの。

それだけにその効果もあるのではと言われているんです。

特に、栄養素としては「抗酸化物質」が良いと言われています。

ビタミンEやビタミンC、ベータカロチンなどです。

これらの物質には、酸化を防ぐ高価があります。

この効果が認知症に良いと言われているんです。

また、脂質ですが飽和脂肪酸と呼ばれるものではなく不飽和脂肪酸が良いといわれています。

特に、魚の油に含まれているものは血栓予防・抗炎症作用・高圧作用などにも良いと言われています。

実際の研究においても、魚の摂取量が増えるとアルツハイマー予防効果が高くなるなどという報告もあるのです。

こうしたものに意識をしながら「トータル的にバランスの良い食事」というものを心がけると良いでしょう。

更には運動も効果的です。

身体の活動性を高めることでアルツハイマーを予防してくれるといわれているんです。

また、脳血流が増加する作用もあると言われています。

更には、神経成長因子にたいする刺激や資質やホルモンや免疫機能などを介する作用も想定されているんです。

日頃から身体を動かすように心がけるなどすると良いですね。

そして「考えること」「手先を使うこと」なども良いと言われています。

趣味を持つことなどで、体内の活動性なども高まることが期待されます。

長く楽しめる趣味というものを1つでももっておくと、予防医学的には有効的でしょう。

このように、日々の生活の中で気をつけることが出来るものは沢山あります。

年齢に関係なく、先のような生活を気をつけておくと良いでしょう。

▲PAGE TOP