サイトマップ

新着情報

◆2015/09/08
自己負担額が一定を超えたときの支援制度を新規投稿しました。
◆2015/09/08
介護扶助における生活保護の扱いの情報を更新しました。
◆2015/09/08
魚の摂取量が増えると予防効果が高くなるの情報を更新しました。
◆2015/09/08
さっきまでの出来事が思い出せないを新規投稿しました。
◆2015/09/08
おかしいなと思ったら即検査しようの情報を更新しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

自己負担額が一定を超えたときの支援制度

介護保険で自己負担をする金額は、公費や保険で9割を賄われた残りの1割となっていますが、それでも費用があまりにも大きすぎるとたったそれだけでも負担になることもあります。

1割負担でも数万円の出費は、さすがに要介護者にとっては大変な出費に感じられるでしょう。

そこで用意されたのが、高額介護(要支援)サービス費です。

福祉用品や住宅改修など、一部の費用は適用対象外となりますが、自己負担額が約3万7000円を超えているときには、それ以上の負担した金額を事業者が代わりに請求するなどの手続きによって、払い戻しができるように定められています。

他にも、後期高齢者医療制度や医療保険の自己負担額によって、その合計金額によっては払い戻しが適用されます。

計算がややこしいときには、申請手続きをするときに市町村の役所で代わりに行ってもらえます。

生活保護を受けているかどうか、低所得者であるかどうか、年金受給額はどのくらいかといった条件に応じて、減額の程度は変動していきます。

▲PAGE TOP